過失割合・過失相殺とは?

sl-700008
 過失割合とは、加害者、被害者ともに持つ過失の程度を示すものですが、交通事故の示談交渉において、過失割合・過失相殺の問題は非常に難しい問題です。

 被害者にとっては、突然の事故に巻き込まれてしまって、「どうして私が・・・」「なぜ、うちの家族が・・・」と思っておられる中で、例えば「過失割合3割」などと言われると、「ふざけるな!」という気持ちになるのも無理はありません。

 しかし、交通事故の損が賠償においては、実際には裁判になった場合も、「過失割合が10対0」というケースは追突などの場合を除いて、殆どありません。

sl-1180007 交通事故の損害賠償額は、損害額に過失割合をかけたものになりますので、例えば、1000万円の損害で過失割合が40%となると、1000万円-(1000万円×40%)の600万円の支払いを受けることになります。すなわち、過失割合によって、受けられる賠償額が大きく変わってしまいます。

 例えば、安全地帯がある横断歩道において、歩行者用信号が点滅し始めた段階で横断歩道を歩き始めた歩行者と、青信号で車が衝突してしまった場合、被害者側にも信号が点滅段階で横断歩道を歩き始め、事故が発生する危険を冒したといえ、被害者側にも原因があるといえると思います。

 この例では、過失割合は被害者(歩行者)40%、加害者(運転手)60%となりますので、歩行者の損害額が1,000万円だとすると、最終的な金額は600万円になります。

 ところで、過失割合は事故ごとにパターン化されて、裁判所が基準を作っています。上の横断歩道の例もその一つです。

 しかし、保険会社の担当者もこの裁判所基準を熟知していないことが多いですし、時にはあえて裁判所の基準からはずれた過失割合を主張してくることもあります。いずれにせよ、保険会社の提示する過失割合は必ず一度は疑った方が良いでしょう。

 過失割合についても、納得がいかない場合は、専門家である弁護士にご相談ください。


初回相談は無料(60分)です。お気軽にお問合せ下さい。 082-555-9322