icatch_koutsu_jiko

交通事故問題でお悩みの方へ

ご相談 このホームページをご覧の皆様の中には、ご自身やご家族が突然の交通事故に遭ってしまった方、治療中の方もおられることと思います。
 突然交通事故に遭った場合、肉体的ダメージだけでなく、精神的なダメージも大変なものであると思います。

 普段の生活では「自分が交通事故に遭うかもしれない」と考えている人は少ないと思います。しかし、実際には、日本で年間60万件以上の交通事故が発生しています。

 ちょっとした運転ミスが大きな事故につながってしまうことも少なくありませんし、自分自身の運転にミスがない場合や、道を歩いているというような場合でも、突然の事故に巻き込まれてしまうこともあります。

 不意の事故に遭ったとき、「どうして私が・・・」「なぜ、うちの家族が・・・」このように思われるお気持ちは良く分かります。私の経験上も我が子に重度の後遺症が残った時、配偶者を事故で亡くしたときなど、お話をうかがうだけで胸が張り裂けそうになることも多々あります。

交通事故に遭われた場合、まずは適切な治療を受けることが大切です。

 「加害者が近所の知り合いだったから遠慮して病院に行かなかった」という話しも時々聞きますが、治療が長期化して痛みがなかなかとれない場合、必ず後悔することになります。自分で「たいしたことはない」などと判断せずに医師の判断を仰ぎ、出来るだけきちんと通院しましょう。

 また、治療の際に受ける検査はなるべく精密で広範囲なものにすべきです。事故直後は重傷を受けた部分に気を取られて他の部分の治療開始が遅れるということもあります。
 そのような場合、全身の検査を受けて重傷部分以外の怪我も確認しておかないと、後遺障害が残った場合に、事故との因果関係を証明できず、本来受けられる賠償を受けられなくなることもあるのです。

 また、交通事故に遭った場合、加害者や保険会社とのやり取りにおいても、思いも寄らない苦痛を味あわされることがあります。
 保険会社任せで全く詫びを入れない加害者の対応や、事故直後で事故態様がはっきりしないのに「あなたにも落ち度がある」となどと言ってくる保険会社、治療中であるにも関わらず、治療費の打ち切りを通告してきたりする保険会社など、交通事故の交渉は苦痛の連続です。

 そして、私たちが日々戦っている、より大きな問題は、保険会社が交通事故の被害者に提示する損害賠償額は必ずしも適切ではない、ということです。

保険会社は、裁判所の基準から見ると、明らかに低い金額を提示することが多いのです。

 被害者は保険や法律の専門家ではありませんから、保険会社から提示される賠償金を、「交通事故の専門家である保険会社からの賠償金提示だから正しいのだろう」と、何も疑うことなく信用して、示談に応じてしまうことが多いのです。

 このような場合、交通事故問題の専門家である弁護士が保険会社と交渉することによって、適正な賠償額に増額することが可能です。私の経験でも、賠償金が当初の提示額から約8倍にも増額されたということもあります。

 交通事故に遭われた場合には、適正な賠償金額を受け取ることができるようにするためにも、まずは早期の段階から専門家である弁護士に相談することをお勧めします。


初回相談は無料(60分)です。お気軽にお問合せ下さい。 082-555-9322