物損の損害賠償

物損事故とは、事故によって人間の身体には怪我などが無く、車や建物などに対して損害が発生した事故のことです。物損事故の場合、人身事故ではないため、自賠責保険から保険が支払われない点に注意しなければなりません。

物損事故については、大きく分けて3つに分類することが可能です。

 

ケース

内容

車が全損の場合

自動車の修理が技術的に難しい場合、又は、修理代の方が自動車の時価額+買い換え諸費用より高額になる場合、全損として事故直前の車の時価が賠償額になります。

買い替えまでの代車料も請求することが可能です。

車の修理が可能な場合

自動車の修理が可能な場合は、修理代金が損害賠償の対象になります。

その他

建物の修理費、物品の修理・交換費、休業補償などの合計が賠償額になります。

電柱や塀の破損の場合には、新品の価格を弁償しなければなりません。

物損事故においては、事故歴があることによって商品価値が下がってしまう場合があります。これを評価損といいます。保険会社はこの評価損については原則として認めないという方針を取っています。しかし、裁判所基準では、高級車や外車の場合で、購入から年月があまり経っていない場合、修理費用の2~3割程度は評価損として請求できるケースがあります。保険会社が評価損を否定しようとする場合においては、専門家に相談されることをお勧めします。

また、当初は物損事故だと思っていた場合であっても、しばらく経ってから、事故が原因だと思われる痛みや痺れなどが現れることもあります。

交通事故直後には物損事故だけだと思っていた場合であっても必ず警察に通報し、自分で判断せずに医師の判断を仰ぎましょう。


初回相談は無料(60分)です。お気軽にお問合せ下さい。 082-555-9322