むちうち(鞭打ち)について

むちうちの症状

sl-1290006
 「むちうち」は、自動車の追突事故などが原因で起こる症状ですが、俗称であり、医学的な言葉ではありません。

 医学的には、頚椎捻挫(けいついねんざ)、頸部挫傷(けいぶざしょう)、外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)、神経根症、中心性頚髄損傷、バレー・ルー症候群、脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)、などと診断されます。

 一口にむち打ちと言っても、医学的には様々な症状に分類されているということです。ご自身の「むちうち」が医学的にどのような症状なのかを把握する必要があります。

 典型的な症状は首の痛み、肩こり、腕や手指の痺れ、などですが、立ち上がると頭痛がする場合や、めまいがする場合もあります。

むちうち症の等級認定について

 むちうちは、後遺障害として認められないと思い込まれている方もおられるのですが、「むちうち」といっても様々であり、「むちうち」でも後遺障害が認められることはあります。実は、全部の後遺障害認定の中で最も多く、半分以上を占めているのは、むちうちのケースなのです。

 但し、むちうちであれば、必ず後遺障害が認められる訳ではなく、下記の表が認定の基準となります。

等級

労働能力喪失率

労働能力喪失期間

認定基準

12級13号

14%

5~10年

局部に頑固な神経症状を残すもの

14級9号

5%

5年以下

局部に神経症状を残すもの

むちうちの場合の留意点

sl-2830010 上記のように、むちうち症は、後遺障害の中で最も多いケースです。しかし、逆に言うと、全体の数が多いので、認められないケースも最も多いのです。
 後遺障害がきちんと認定されるかどうかで、損害賠償額が数百万円以上異なる場合もありますので、適切な診断を受けることが極めて重要です。

 例えば、神経症状が残っているかどうかを診察するにはMRIなどの機器を用いますが、治療の初期段階からMRIを使う事はむしろ少なく、普通はレントゲン写真のみで治療が進められます。

 通常のむち打ちの治療ではそれで十分だと考えられているからです。しかし、画像によって神経症状を認定するためにはMRI画像が必要になります。医院や医師によっては、これらを使用しないために、神経症状を確認できず、後日後遺障害の認定をするときに難しくなることがあります。

 もっとも医師も、「むちうちの治療にMRIは不要だ」とまで考えているわけではありませんので、痺れや麻痺などの症状を患者がうったえれば、適切な診察や治療を受けることが出来、適切な診断書を作成してもらえることが期待できます。

 お困りのことやご不安がありましたら、お気軽にご相談ください。


初回相談は無料(60分)です。お気軽にお問合せ下さい。 082-555-9322