交通事故問題解決のポイント

 本稿では、交通事故問題の解決のポイントを整理しています。詳しくは、それぞれの詳細ページをご覧ください。

1.弁護士に相談するタイミング

 交通事故の問題を適切に解決する最大のポイントは、できるだけ早く弁護士に相談することです。

 例えば、後遺障害の認定においては、事故直後に然るべき検査を受けておかなければ、後で残った後遺障害との関連を証明できないことがあります。その点、事故直後にご相談いただければ、どのような検査を受けておくべきか、というアドバイスなども受けることができます。

>> 詳しくはこちら

2.後遺障害について

 交通事故の損害賠償金額は、後遺障害の等級によって、損害賠償額は大きく変わります。

 極端な場合には、等級が1つ違うだけで、賠償金額が3倍も違う場合もあります。
 そのため、事故直後の早い段階から、専門家に相談し、適切な認定を受けるために、準備することが極めて大切です。 

>> 詳しくはこちら 

3.賠償金計算のおける3つの基準

 交通事故の示談交渉は、事故で生じた損害賠償額を話し合いで決めることですが、この損害賠償額を決定するには①自賠責基準、②任意保険の基準、③日弁連基準の3つの基準があります。この3つの基準のうち、どの基準を用いて損害賠償額を決定するかによって、賠償金額が大幅に異なります。

>> 詳しくはこちら

4.賠償金の計算方法

 損賠賠償の交渉では、保険会社から示談金を提示してきます。
 本稿では、その示談の提示が適正なのかどうか、基本的な見方を解説しています。
 不明な点があれば、弁護士に示談書を見せて、適切かどうかご相談されることをお勧めします。

>> 詳しくはこちら

5.過失割合・過失相殺とは?

 過失割合とは、加害者、被害者ともに持つ過失の程度を示すものですが、交通事故の示談交渉において、過失割合・過失相殺の問題は、非常に難しい問題です。

 被害者にとっては、突然の事故に巻き込まれてしまって、「どうして私が・・・」「なぜ、うちの家族が・・・」と思っておられる中で、例えば「過失割合3割」などと言われると、「ふざけるな!」という気持ちになるのも無理はありません。

 過失割合についても、納得がいかない場合は、専門家である弁護士にご相談ください。

>> 詳しくはこちら


初回相談は無料(60分)です。お気軽にお問合せ下さい。 082-555-9322