後遺障害の等級認定

 繰り返しになってしまいますが、交通事故の損害賠償金額は、後遺障害の等級によって、損害賠償額は大きく変わります。そのため、事故直後の早い段階から、専門家に相談し、適切な認定を受けるために、準備することが極めて大切です。

① 適切な治療、検査を受ける

sl-2250003 適切な後遺障害認定を受けるためには、適切な治療や検査を受ける必要がありますが、医師によっては「治療」の腕は確かなものの、後遺障害認定については知識がない、という先生もおられます。

 後遺障害は交通事故の損害賠償額を計算するための考え方ですから、医師が後遺障害のことを知らなくても仕方がないと言えます。

 むしろ医師にとって後遺障害は「治せなかった怪我」ですから、治っていないことをわざわざ証明するような検査を行わない、という場合があります。しかし、このような場合に、後遺障害の等級認定で苦労することがあります。

 この点、弁護士は、後遺障害認定のことを考慮に入れて、必要な検査・証拠収集などについて、アドバイスいたします。

② 適切な後遺障害診断書を作成してもらう

 後遺障害の等級認定は、医師から症状固定と判断された後に「後遺障害診断書」を作成してもらい、損害保険料率算出機構の調査事務所に申請して行われます。

 後遺障害の等級認定は、後遺障害診断書をはじめとする書類での審査がほとんどであるため、医師に作成してもらう後遺障害診断書が極めて重要になります。

 この後遺障害診断書の内容次第で、適正な等級認定を得ることができるかどうかが決まるということなので、後遺障害診断書は、できる限り具体的に、かつ細かな点まで自身の症状について伝え、記載していただくようにすることが重要です。

 後遺障害認定を踏まえて、どのような検査を受けておくべきか、後遺障害診断書をどのように作成してもらうか、については、できるだけ早いタイミングで専門家にアドバイスを受けられることをお勧めします。


初回相談は無料(60分)です。お気軽にお問合せ下さい。 082-555-9322