TOPICS・最新情報

広島市入札等適正化審議会委員選任

令和3年の広島市入札等適正化審議会委員に選任され、8月17日に委員として審議会に出席しました。
続きを読む >>

令和3年夏期休業のご案内

当事務所は令和3年8月10日から16日までの間、夏期休業を頂いております。お急ぎの方にはご迷惑をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い致します。
続きを読む >>

ZOOMによる30分無料相談を始めました

コロナ禍で来所が困難の方のために、ZOOMによる無料相談を受け付けることにしました。 以下の手順でお申し込みください。   1.電話、メール、ラインで相談のお申込みをいただく。   ご希望のデバイス(PC、タブレット、スマートフォン)のメールアドレスをお知らせください。   2.当事務所スタッフと日時を調整していただく。   3.あらかじめZOOMアプ
続きを読む >>

事務所ホームページをリニューアルしました。

事務所のホームページをリニューアルしました。
続きを読む >>

上司が部下を二次会に誘うことはセクハラか?

職場全体の宴会の席で、上司が部下に飲酒をすすめたり、一次会が終わった後二次会に強引に誘うことはセクハラ(パワハラ)に当たるのでしょうか? この点について争われたのが東京地方裁判所平成10年10月26日判決です。原告は、300万円の慰謝料を請求しました。 この裁判例では、 宴会の席で部下が上司に挨拶に行ってお酌をした後、飲酒を強くすすめられて日本酒を飲んだこと。 上司が、二次会に参加する意思のな
続きを読む >>

パワハラとは?

パワハラとはごく簡単にいうと「職場におけるいじめ」です。これは皆さんご存知のことと思います。 このパワハラについて、厚生労働省が「職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた提言」の中で定義を明らかにしています(下記のURLが「提言」です。)。http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r985200000255no-att/2r9852000002560k.pdfそれに
続きを読む >>

不動産の2重譲渡と処分禁止の仮処分

広島の弁護士、齋藤法律事務所です。 法律をかじったことがある人にとっては当然の知識ですが、なんとなく常識的でないような気がするのが不動産の2重譲渡の問題です。 例えば、不動産の所有者であるAさんが、Bに対して所有している甲土地を売り、その後Cに対しても甲土地を売った場合です。 端的にいえば、先に登記を取得した方が勝つことになるのですが、すでに他人に売ってしまった土地をもう一度別の人に売ること
続きを読む >>

交通事故の治療に自分の健康保険を使える?

広島の弁護士、齋藤法律事務所です。 交通事故の治療のために通院する際、保険会社から被害者の健康保険を使って欲しいといわれることが多いと思います。この申し出に応じるべきでしょうか。そもそも、うちの病院では交通事故の場合健康保険は使えないなどという病院もあるようですが、これは本当でしょうか。 結論は、交通事故の場合でも健康保険は使えますし、むしろ、多くの場合、被害者は自分の健康保険を使ったほうが良
続きを読む >>

『交通事故』自賠責保険とは

広島の弁護士齋藤法律事務所です。交通事故の自賠責保険について概略を説明します。 自賠責保険について規定する自動車損害賠償保障法1条は、自賠法の目的について「自動車の運行によつて人の生命又は身体が害された場合における損害賠償を保障する制度を確立することにより、被害者の保護を図り、あわせて自動車運送の健全な発達に資することを目的とする。」と規定しています。 このことから、自賠責保険はいわゆる人身事
続きを読む >>

『相続』委託者指図型投資信託受益権、個人向け国債の相続

広島の弁護士齋藤法律事務所です。興味のある判例のメモです。 判例時報・備忘録 最高裁平26・2・25小法廷判決・共同相続された委託者指図型投資信託の受益権は、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されない。 株式に、自益権と共益権が含まれ、共同相続された株式が相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはない(最高裁昭和45年1月22日判決)ところ、本件投信受益権は、口数を単位とするもの
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談は無料(60分)です。お気軽にお問合せ下さい。 082-555-9322